メンズリゼ梅田

 

 

なんといっても、大阪の中心といえば梅田ですよね。

 

梅田にさえいけば、だいたいの用事は片づいてしまいます。

 

でも、せっかく梅田までいくのなら、ついでに脱毛の予約をとっておくのもいいでしょう。

 

メンズリゼは、針脱毛はやりませんが、レーザー脱毛はキッチリやってくれる美容クリニックです。

 

全身脱毛するならば、上半身、下半身、ひげ、VIOの4つにわけてやってくれますよ。

 

あらかじめ手のとどくところを剃っておきさえすれば、4つの部分の脱毛が、30分〜90分で終わるかんじです。

 

だいたい、ひげならば10回、カラダならば5回くらい脱毛すれば、たいていの人は満足するみたいですよ。

 

上半身を脱毛すれば、つぎの上半身の脱毛は2ヶ月以上あけてからになりますから、だいたい1年くらいかかる感じですね。

 

ひげならば、同じように2ヶ月あけるとしたら、2年くらいはみておくべきでしょう。

 

 

メンズリゼクリニック大阪梅田院

 

大阪梅田院は、大阪市北区太融寺町8-17プラザ梅田ビル5Fにあります。

 

大阪市営地下鉄の谷町線の東梅田駅の北東改札口をでて、ホワイティのイーストモール(写真)へ進みます。泉の広場の方向です。

 

まっすぐすすむと、左がわに順番に、LIBAREホワイティ梅田店(写真)っていうケーキ屋さんがあります。

 

さらに歩くと、左手に大起水産ホワイティ梅田店(写真)っていう回転すしもあります。

 

しつこくまっすぐすすんで、泉の広場(写真)まできたら、M14の出口(写真)に向かってください。
 

 

階段をあがって、さらにつきあたり(写真)を右へあがると、

 

スグ左手にプラザ梅田ビル(写真)がありますよ。

 

≫メンズリゼクリニック大阪梅田院 くわしくはコチラ

 

ふり出しへもどる

メンズリゼ大阪梅田院の通常価格。

 

全身脱毛‥‥5回で49,8000円(税込)

 

ひげ脱毛‥‥5回で14,9800円(税込)

 

VIO脱毛‥‥5回で12,9800円(税込)

 

これはあくまでメンズリゼ大阪梅田院の普段の価格でして、キャンペーン中だったらメンズリゼ大阪梅田院はかなり安くなったりしますよ(〃⌒ー⌒〃)

 

やっぱり、メンズリゼ大阪梅田院の公式サイトをよくみて、メンズリゼ大阪梅田院のキャンペーン中を狙うべきだとおもいます。

 

分割ばらいも、クレジット、医療ローン、定額制キャンペーンとありますから、メンズリゼ大阪梅田院なら安心ですよね。

 

メンズリゼ大阪梅田院の定額制キャンペーンは、24回ばらいまでできますよ。メンズリゼ大阪梅田院のがかなり負担してくれますから、ありがたいです( ^o^)b

 

 

メンズリゼ大阪梅田院とのモニター契約。

 

脱毛したあとの体験談をメンズリゼ大阪梅田院のによせる約束をすると、最大で15%安くなりますよ。

 

メンズリゼ大阪梅田院の公式サイトの経験談のところに掲載されることになりますね。

 

ただ、支払いは一括ばらいとなります。

 

メンズリゼ大阪梅田院は、分割もできるにはできますが、クレジットで2回払いとなりますね。2回って、ほとんど分割ちゃうやんか‥‥って感じですからね

(-_-;)

 

また、店の移動ができません。メンズリゼ大阪梅田院で契約したら、基本的にメンズリゼ大阪梅田院で脱毛しなければなりません。

 

もし、メンズリゼ大阪梅田院から心斎橋にうつれば、その後はずっと心斎橋にかようことになります

 

 

セルフサービス。

 

メンズリゼ大阪梅田院での施術前には、基本的に、手のとどく部分の毛の処理は自分で前もってやっておかなければなりません。

 

手のとどかない部分の処理は、メンズリゼ大阪梅田院の看護師が手伝ってくれるから安心ですよ。

 

しかし、メンズリゼ大阪梅田院の患者さんには、手のとどくところの処理すらやってこない横着な人も、たまーにいるそうです(+o+)

 

そういう人は、メンズリゼ大阪梅田院で脱毛するまえの毛の処理だけでも、ずいぶん時間がかかってしまいます。

 

そうなると、メンズリゼ大阪梅田院側からすれば、予定の時間内で脱毛がおわりません。

 

中途半端なところでメンズリゼ大阪梅田院側に「はい、あなた、タイムオーバー!さよなら!」とばかりに強制終了されてしまうおそれがありますから、注意してくださいね。。。

 

なんせ、メンズリゼ大阪梅田院は予約もとれないときがあるくらいの人気の脱毛スポットですから、とうぜん自分のつぎは誰かが順番をまっています。

 

自分だけじゃなく、つぎの方も必死でメンズリゼ大阪梅田院の予約をとって順番まちをしているわけです。

 

メンズリゼ大阪梅田院側としても、約束の毛の処理をやってこない横着な人の脱毛時間を延ばして、つぎの方を待たせるわけにはいかないわけですよね。当たりまえの当たり前です。

 

だから、セルフサービスの毛の処理は、きっちりやってからメンズリゼ大阪梅田院に向かいましょうね!

 

体毛とホルモン。

 

人間というのは、お年ごろの思春期を迎えると、性ホルモンがたくさん分泌されるようになります。つまり、第二次性徴の到来であります。

 

ここが、男性は男性らしく、女性は女性らしくとそれぞれなっていく、ターニングポイントというわけですね。

 

その、男性らしく、女性らしくなっていく成長の一環として、男女ともに体毛も増え始めるのです。

 

この男女の体毛は、ただ増えるだけではなく、質も変わってきたりするわけですね。

 

それまでの子供時代とはうって変わって、第二次性徴を迎えたあとの毛の質は堅く、太いものになります。

 

そして、ワキ毛やチン毛、マン毛、ヒゲ、胸毛あたりも生えてくるわけです。もう、えらいことです!大騒ぎです!

 

この人間の毛の量や質の変化をつかさどるのが、エストロゲン(女性ホルモン)とアンドロゲン(男性ホルモン)なのであります。

 

エストロゲンはおもに髪の毛を、アンドロゲンはまゆ毛以下の体毛を成長させます。

 

男性がみっともないハゲ頭になってバカにされ、惨めな思いをしてしまうのは、そもそもアンドロゲン過多が原因で、エストロゲンが過少となっていることも一因なのです。

 

つまり、アンドロゲンとエストロゲンの供給バランスみたいなものが崩れると、体毛が少なくなったり多くなったりしてややこしくなるわけですね。

 

女性の場合は、アンドロゲンが多すぎると、まゆ毛以下の体毛が太く堅くなって、困ったことになりがちですね。

 

男性の場合、アンドロゲンが足りなくなると、必要以上にまゆ毛以下の体毛が薄くなって、かえって女性に気持ち悪がられたりする原因となります。

 

やっぱり、ホルモンと体毛の量は、適度なバランスが望ましいのです。